ナイモノバカリ

誰かと同じことを支えに 誰とも違うことを誇りに

関ジャニ∞ニューアルバム「ジャム」が良いという話① 

関ジャニ∞ニューアルバム「ジャム」が2017年6月28日に発売となりました!!!!!!(ピーヒャラドンドンドン)


1年7ヵ月振りのリリースとなった今回のアルバムは、『関ジャム完全燃SHOW』の力が膨大に働いているもので、楽曲提供して頂いた作品がてんこ盛りです。豪華です。欲張りです。幸せです。有難いです。(合掌)

それに加えて、関ジャニ∞メンバーが制作した楽曲も三形態合計で5曲収録されております。(拍手)

そしてそして、関ジャニ∞のアルバムで毎回楽しみなポイントとも言えるユニットが、三馬鹿《横山・渋谷・村上》年下組《丸山・安田・錦戸・大倉》という、関ジャニ∞のファン大歓喜のやつです…!!!(バンザイ)個人的に三馬鹿が括られると悶え死ぬ人種なので結構この時点で世界よありがとうです(祈祷)


ファン待望のニューアルバムであり、初の野外フェス出演後のリリースである今回の「ジャム」。多くのアーティストからの楽曲提供やメンバーの制作曲が含まれ、発売前の宣伝も心なしか多く感じ、個人的に期待値がとても高かった。その反面、「これ売れなきゃやばいんじゃない……?」という不安さえ感じた……だってこんなに追い風が吹いている中でのリリースで結果残さないと……ねぇ……



でも売れる売れないを一度置いておく。
「ジャム」めっっっっっっっちゃ良いぞ!!!!!!!



と、いうことで「ジャム」良いなおい!!!の気持ちが止まらないので、わざわざ数年間触っていなかったパソコンを起動させてこの記事を書いている(どーーーん)でも、もしまだ「ジャム」が手元にない人がいたら、なんか良さげだな…買ってみるか…(レンタルしてみるか…)ってなってほしいという私欲をぶち込みながら、本当に個人的な感想を書くので、ふんわり書きます(?)
【】内は個人的に感じた”関ジャニ∞らしい”部分だったり、楽曲提供だったり、ひと目でサクッと曲の特徴を把握するキーワードにしてます(礼)


〜通常版・初回A・初回B共通〜


1. 罪と夏
”君は誰かにじゃなく 僕に笑ってよ”
【このアルバムの”特攻隊長”】

アルバム再生したら初っ端「来たぜ夏!」で始まる高揚感。最高。夏来たーーーーー!(大声)twitterの楽曲大賞でも良いところまで上りつめた、みんな大好き《罪と夏》だよーーーーー!(大声)みんなアイドルに「今君の8月のすべてくれないか?」って言われたいもんね!?「今君は 思い出 じゃなくて 好き になってよ」って言われたいもんね?!?!(圧)個人的に大好きな夏ソング。関ジャニ∞と夏を過ごしたくなる。




2. 今
”苦い思い出を笑える頃かな 未来を越える 今 今 今”
【作詞・作曲:akira nise 振付:振付稼業air:man】

星野源さんニセ明さんが作詞・作曲して下さった、今回のアルバムのリード曲。そして振付はヤスくんが依頼したとのことで、振付稼業air:manさんが付けてくれました。正直最初はそこまでピンときてなかったのですが…(何様)不思議なことに何度か関ジャニ∞が音楽番組でこの曲を披露しているのを見るうちに大体歌えた(驚き)そして大体踊れた(驚き②)個人的にこの曲は振付を含め、関ジャニ∞がパフォーマンスすることで曲の力が発揮されるのかな、と勝手に思ったりしました。だんだんと、じわじわと、やっぱり一線で音楽やダンス作ってる人はすごいな、と純粋に思った。素人の語彙力のない言葉でまとめてしまって申し訳ないんですが、本当に有難い。私の家族からの評判がとても良くて、ラジオでもしょっちゅうかかってる(by父)とのことです。間違いなく正真正銘のリード曲。




3. DO NA I
”君を楽しませるのが僕たちの楽しみ 暗い顔はよしなよ”
【作詞:いしわたり淳治 作曲・編曲:蔦谷好位置

ありがとう『関ジャム完全燃SHOW』(大の字)
神様仏様いしわたり様。神様仏様蔦谷様。(合掌)まず!!!!!一発目の出だしが横山裕です!!!!!YOKOYAMA YOUです!!!!!(?)どんな歌詞だと思います?!?!「俺の好みのYouとYou」ですよ?!?!?!はい最高です~~~~~~!!!!!!(やかましい)いやもう名付けてくれたジャニーさんありがとう。いしわたりさんありがとう。彼がYOUで良かった。個人的に裏拍取る曲が好きなのでDO NA Iもドンのピシャで好きです。'80sサウンドなディスコを想像させる曲調で関ジャニ∞が「どない?」と手をクイクイしながら誘ってくれます。(最高)イイトコなしの毎日から助け出してくれます。(最高)なんか、もう、とりあえず最高だから聞いて!!!!!(勢い)6月25日放送の『関ジャム完全燃SHOW』でこの曲ができる過程を放送してくれていたので、必要ならばいくらでもダビングして送りつけます(礼)




4. なぐりガキBEAT
”ガムシャラにもがくその手に『きっかけ』の糸がかかる”
【映画「破門~ふたりのヤクビョーガミ~」主題歌】

この曲に対する思い入れは前にさらっと書いたので割愛。私はこれを聞くと条件反射で破門のエンドロールが再生されて、即効で胸がいっぱいになる病を抱えています。(?)




5. 夢への帰り道
”あぁ僕は不安をギターにしよう”
【作詞:比嘉栄昇(BIGIN) 作曲:島袋優(BIGIN)】

ここまで割とテンポの良い曲が続いたところで一息つかせてくれる曲。スローなバラードで、なんだかホッとする。夕日を見ながら家に帰るような、少し寂しいようで安心するような、なんだかそんな気持ちになる。歌詞はひらがなの表記がすごく多くて、曲調もそうだけどすごく柔らかい曲だなぁと思った。物語的な心情がたくさん入った歌詞だけど、その中でも「夢”への”帰り道」という表現が面白いなぁと思った。「夢」へ帰る、ってあんまり言わなくないですか?(突然の質問)夢を持っていたこと、叶えられなかったこと、でも今を生きていること、そんな気持ちを乗せてバラードを聞いたりすること、そんなことを全部肯定してくれている気がします。




6. えげつない
”俺たち自身が偏西風だ”
【作詞・作曲・編曲:岡崎体育

MVあるあるで一世を風靡した岡崎体育くんが提供してくれました~!ありがとう~!(誰)とにかくノれる曲!途中にメンバー同士がdisり合うラップバトルがあります(笑)なんか、そういうのも何の抵抗もなく全然アリなのは関ジャニ∞の強みだなぁと思う。関ジャニ∞を「偏西風」って言ってくれたのも、妙にしっくりきて、「えげつない」っていうのもすごく関ジャニ∞への誉め言葉っぽくていいなって思った。とりあえず聞いてほしい(安定の着地点)




7.パノラマ
”奇想天外 摩訶不思議 七転八倒で起死回生”
【アニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」主題歌】

前回のツアーでキッズダンサーと関ジャニおじさんが一緒にパフォーマンスした曲。子どもといるおじさんかわいい。何年か前のツアーMCで酒飲みながらモンハンのゲームやってる話をひたすらして、該当担ではない友達から「ゲームの話しすぎじゃない?(不服)」と怒られた頃は、モンハンアニメの主題歌できるとは思ってもみなかったなぁ…(話の美化)よくみると関ジャニ∞っぽい単語が散りばめられているのが好きです。




8. Never Say Never
”繰り返し挑めばいつか success story”
【作詞・作曲:安田章大 映画「スパイダーマン:ホームカミング」日本語版主題歌】

来ました、作詞・作曲:安田章大。しかもスパイダーマンの主題歌ですよ。これ不意打ちすぎて未だにあんまり信じてない(?)ヤスくんは言葉遊びがすごく上手だなって思うし、なんか、理解するには一筋縄ではいかない次元に思考があるっていうか、私の思考にはない次元で膨大な量のインプットとアウトプットをしている感じがする。音はギターがかっこいい。曲の変化が面白くて、最初の曲調からはサビの疾走感のあるさわやかで力強い曲調は想像できなかったなぁ。それを繋ぐようにある大倉くんの低音パートもいい。最後の「I'm HERO」の後に画面が消えるような音が入ってるのも、映画やテレビを見ていたような気分になって、曲を聞き終えたことでひとつの物語を見終えた感じがする。この曲で主題歌勝ち取った安田章大かっけえな~~ってなる。スパイダーマン見にいきます。8月11日公開です(宣伝)






…ってことで、全曲好きすぎてめっちゃ長くなるんです(知ってた)全曲やってるといつまで経っても更新できないし、一度やり始めるとうまく切り上げられない不器用(私)は仕事でもないのに「ブログ書き終えたい…」ってなってモヤモヤしてしまうので一旦ここで切る!(どーーーん)

もし読んでくれた方がいたら、長々と読んで頂いて本当にありがとうございます。(礼)後半もちまちま書いてそのうち上げます。

書きながら思ったけど、関ジャニ∞は作り手の方々にすごく思われているなって再確認した。ハァーーーーー幸せだね、ほんとに。有難い。世界よありがとう。


P.S.初動で「JUKE BOX」抜いてほしい!!!!!関ジャニ∞ニューアルバム「ジャム」めちゃくちゃ売れろやーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!(大声)


▽追記
prismpower.hatenablog.com