ナイモノバカリ

誰かと同じことを支えに 誰とも違うことを誇りに

沢山の"ありがとう"を君に。

 

森田美勇人くん、22歳のお誕生日おめでとう。

 

何を書いたらいいだろう…とぼんやり考えながら、10月31日にこのブログを書きはじめた。今まで私は森田くんに対する感情を"言葉にする"という、自分の感情が形に残ってしまうことを避けていたのだから尚更だ。でも、もういいんだ。素直に、真っ直ぐに、私の目で見た色んなことを思い出しながら、私の言葉で形にしようと思う。おめでとうの気持ちと、沢山のありがとうの気持ちを込めて。

 

 

 

21歳の森田くん。

森田くんが2016年12月の帝国劇場で、青色のユニフォームを身につけてショーバスケのアンダーを務め、レッグスルーを決めていたことを私は鮮明に覚えている。

2015年ガムシャラ!のチーム我で、ショーバスケに取り組む森田くんに目が離せなくなり、2年前のEXシアターでめまいがするくらいキラキラとした熱気に包まれながら、きっと私は無意識のうちに"この人の未来を見たいんだ"って小さな決意をしたのだと思う。そんな私にとって思い出深いバスケットの演目を、森田くんは帝国劇場でこなしていた。それを"アンダー"として務める姿から、これは森田くんの手札の多さや信頼度を表すものなんじゃないかと思った。「みゅうとが出来る」って周りが信頼してくれている。そこまで持っていくのって簡単じゃないと思うんだ。森田くんの努力とか、人柄とか、仕事に対する姿勢とか、そういう沢山のものがこの小さな出来事に詰まっている気がして、なんだかグッときてしまった。

そして何より、森田くんはその帝国劇場でTravis JapanLove-tune の森田美勇人として、舞台に立っていた。Travis Japan として踊ったあとに、ステージ上でジャケットを着替え、Love-tuneとして踊る。そんな森田くんの姿を見て、"すごいところまで来たなぁ"と漠然と思った。決意を具現化したような、すごく強かな光景を突きつけられている気がした。

 

そしてこの時期、Love-tuneのみんなと一緒に関ジャニ∞のドームツアーの見学に来てくれた森田くん。これは私にとってすごくすごく嬉しい出来事だった。ベースを弾く森田くんが、バンド演奏をするLove-tuneが、関ジャニ∞のライブを見てくれたことが嬉しくて堪らなくて、私のエゴでしかないけれど、2つのグループがいつか少しでも交わることを願わずにはいられなかった。そして、いつか森田くんも大きな会場で主役としてパフォーマンスができるように、この見学がそんな未来の糧になるように、と私は願った。そんな願いが、少しだけ叶ったよ。2017年10月20日、Zepp Diver City で。私はあの日のことを絶対に忘れない。

 

 2017年3.4月で開催されたジャニーズJr.祭りでも、森田くんはTravis JapanLove-tune としてステージに立っていた。なんだか、少し、痛いくらいに、"真ん中"でいることを選んでくれている気がして、ステージの上の森田くんを見ながら胸がぎゅーっとなった。『どっちも100でやる』という森田くんが発信した言葉。ユニットを兼任していることを後ろめたくなるような刺々しい意見だってあるだろう、そういうものが目に入りやすい時代でもあるだろう、そんな環境の中でそこまで強い意志のある言葉を聞けるなんて思っていなかった。森田くんは、強い。間違いなく"どっちも100"だった。

それに加えて私はここで、今まで感じたことのない感情も抱いたんだ。センステで一緒にパフォーマンスをする、Travis JapanLove-tune の"13人"。7人と7人で、"13人"。そんな彼らの姿がすごく眩しかった。アイドル・森田美勇人がステージに立つことを1番に認め、支えてくれているであろう仲間たちと森田くん。そんな"13人"全員のことが、愛おしくて愛おしくて堪らなかった。そこには確かに沢山のキラキラが散りばめられていた。強くて、優しくて、煌めいている"13人"の思いが、沢山詰め込まれているように感じた。

 

あとは忘れてはいけない、ロスへのダンス留学。もうその事実も、そこから得たものも、それをこちらに伝えてくれることも、何もかもがかっこよくて私なんかの未熟な言葉じゃうまく表現できないな。これもすごく個人的なことになってしまうけれど、『ロックダンスのかっこよさや真骨頂がわかった』と話してくれたこと、とても嬉しかった。私はダンスが好きで、その中でもロックダンスと呼ばれる lockin' というジャンルのダンスと、それが似合う音楽が好きで。そんな自分の好きなものを、ダンスの原点・聖地であるアメリカで、森田くんが本物を感じてそう言ってくれたことが少し羨ましくもありながら、とにかく嬉しくて仕方がなかった。やっぱり私はこの人の持っている"アンテナ"が好きなんだと、もう降参するしかないような、"好き"という思いの根っこの部分を見つけてしまった気がした。わかっていたけれど、私は"森田美勇人"というアイドルが持つ感性、センス、それをアウトプットする表現力、全てが好きなんだと改めて感じる出来事だった。

 

5月にはシアタークリエでジャニーズ銀座2017が行われた。Travis Japan としてのステージ。Love-tune としてのステージ。ここでも森田くんは"どっちも100"だった。でも"真ん中"であり続けたJr.祭りとは違う、それぞれのステージで限界値まで"100"であるような、そんな森田くんがそこにはいたように思う。だから、私はどちらの公演も本当に心の底から楽しかった。2つの居場所があること、シンプルに嬉しいことだと思った。そして私がこのときからだいすきになった歌が【Air】。あれから何かあるたびに、私は車を走らせながら【Air】を聞いている。愛することは思いやりの続き。本当にその通りだなぁって。そんな綺麗な愛の歌を歌う森田くんはとても優しく、温かい笑顔を見せてくれた。私のだいすきな森田くんだった。

 

7月には映画【ニートニートニート】への出演決定!FINE BOYSレギュラーモデルへの起用!そんな嬉しいニュースが立て続けに飛び込んできた。"アイドルは何でもできる"っていう森田くんのアイドル観を体現するような、とても素敵なお仕事を頂いたと思っている。特にモデルに関しては、何度も森田くんが自ら発信していた夢のひとつで、それを掴んだという喜びがファンである私にとってもすごく大きなものだった。やりたいことが出来るって、 簡単なことじゃないよね。すごいことだよね。見てくれる人ありきの世界に生きている森田くんが、"自分のやりたいことをできる"ということがすごく幸せだなぁと思った。森田くんがやりたいこと、見たい景色、手にしたいもの、そういうものが沢山巡ってくればいいなと思う。

 

そして夏。EXシアター。私は1年前のEXシアターでの森田くんを見て、とても勝手なお節介ながら "どこかでプツンと気持ちが切れてしまうのではないか" と少しだけ、一瞬だけ、森田くんのことを案じた。でも今年の森田くんにそんな面影は一切なかったなぁ。どこか余裕すら見えるほどだった。本当にずーっとかっこよかった。言葉の端々に森田くんの優しさも見えて、なんて言ったらいいかわからないけれど、本当に出来た人だと思った。それでいて、いつだって『楽しかった』って言ってくれる森田くん。森田くんが楽しかったって笑うなら、本当にそれだけでいいと思える。森田くんは楽しいのが1番だって知ってるんだ。かっこいいことが好きなのも、楽しかったって言えるパフォーマンスをしてくれることも、とっても"アイドル"でだいすきなところ。

そんな森田くんが【BOMB】のソロムーブで、ロックダンスをしてくれたこと、今まで生きてきて1番嬉しかったかもしれない。(笑)まさか森田くんがゴリッゴリにlockin'を踊ってくれる未来が、こんなにすぐ来るなんて思いもしなかった。バケットハットを被ってlockin'をステージの真ん中で踊るその姿は、私の"好きなもの"をぎゅーっと固めて出来たものなのかと思うくらい、私にとってとんでもなく輝いているものだった。本当にアメリカで本物のダンスに触れて、ロックダンスがかっこいいと思ってくれたんだって、嬉しくて嬉しくて泣きそうなほどだった。しかも、それをきちんと自分で身につけてきてるんだから、本当に森田くんは恐ろしい…。あんなにダンサーみたいなロックダンスをしてくれるなんて、正直思ってなかった。"森田美勇人"を見くびっていた。私は森田くんの努力やセンスに再び驚かされ、また"好きだなぁ"って思ったんだ。

そして何より、Jr.祭りで見た"13人"のキラキラがEXシアターにも詰まっていた。"真ん中"の森田くんもいた。それぞれ"100"な森田くんもいた。それを1番近くで見てくれている、12人の"仲間"がいた。間違いなくあのステージにいた全員が森田くんの"仲間"だった。一緒に歩んできた"仲間"だった。森田くんが守ってきた"仲間"だった。森田くんの支えであろう"仲間"だった。なんだか、それだけでいいじゃないか、と思えた。あんなに優しくて、温かい空間を創り出せる"13人"が本当に愛おしいと思った。有り難いと思った。お互いを褒めあって楽しかったねって、またらぶとらやろうねって、らぶがすきかー?!とらじゃがすきかー?!どっちもすきかー?!って、そんなことを言ってくれる彼らは本当に優しかったと思う。そして強かったと思う。少なくとも予防線を張り続けてしまった私より、はるかに強くて優しかった。

 

すごくナイーブな話だと重々承知しているけれど、私はやっと前に進むことが出来たから、語彙力のないつまらないおたくの戯言としてただ個人的な思いを書かせてほしい。

『最後の1人になってもTravis Japan としていたい』、その言葉に嘘はひとつもなくて、森田くんの本当の言葉だと私は思っている。きっと森田くんはLove-tuneに対しても同じような言葉を添えると思う。そういう人だと思う。

今年の夏を終えて、《Travis Japan・森田美勇人》は私にとって"永久欠番"になった。きっと、これからも、ずっと、心の中に生きている。

この区切りをつけるまで、もう"Travis Japan"っていうものは"概念"なんじゃないかって思ったり、そんな誇りを持つ人が"Travis Japan"なんじゃないかって思ったり、なんだか思考がふわふわしてしまって、どうにかして《Travis Japan ・森田美勇人》を形の無いものに当てはめたくなってしまうほど、私はどうしようもなくTravis Japanが好きだということを再認識する日々が続いていた。私は、痛いくらいに優しくて、真っ直ぐで、可愛らしい兄弟みたいで、凛々しくて、ダンスに対しては職人のようで、ステージで生きてきたんだってことが身体から発されているような、Travis Japanが大好きなんだ。

だからこそ、私にとっての《Travis Japan・森田美勇人》は、"永久欠番"にした。同時に私の中でも "森田美勇人がいたTravis Japan" の時は止まった。でも、たまに思い返してかっこよかったなぁ〜ってやってもいいじゃないか。楽しかったなぁ〜ってやってもいいじゃないか。現在進行形のTravis Japanにもかっこいい!かわいい!って言ってもいいじゃないか。私はそうやって、沢山の素敵な思い出を抱えて、森田くんの進む未来について行こうと思う。それが私の下した決断だ。

 

こうやって私が思えたのは、紛れもなく『Love-tune Live 2017』という、Love-tune初の単独ライブがきっかけだった。21歳の森田くんが立った最後のステージ、Zepp Diver City。関ジャニ∞のベーシストであるまるちゃんが見に来てくれた。私にとって《Love-tune・森田美勇人》を肯定することができた初めての空間だった。

こうやって森田くんは、いつでも私に想像できなかったような、新しい温かい気持ちをくれる。新しい景色を見せてくれる。そんな進化をやめることのない、貪欲な"アイドル・森田美勇人"が好きなんだ。

 

私は21歳の森田くんを応援していることで、こんなに沢山の素敵な光景を見た。こんなに沢山の素敵な気持ちを抱いた。こんな幸せなことってあるかな。なかなかないと思うな。本当にありがとう。私にとっての"スーパーアイドル"は森田くんです。いっぱい、いっぱい、ありがとう。森田くんにとって、21歳の1年はどんな1年だっただろう。嬉しかった、楽しかった、そんなキラキラしたものが多かったらいいなぁ。

そして22歳の森田くんにも沢山の煌めく出来事が待っているといいな。どうか森田くんの生きる世界が少しでも優しくありますように。森田くんが美しく勇ましく、輝いていられますように。そう心から願っています。

 

少し遅くなってしまったけど、改めて、22歳のお誕生日おめでとう。

 

2017.10.31

 

(※2017.11.20 編集)